30代メンズはビジネスマーとして財布を選ぶ

仕事が板に付き、車内でのポジションが上がってくるのが30代の特徴です。

上司に付き添って社外の取引先との会食や接待も増え、支払い役として現金を預かることも多くなります。

30代メンズの財布の基礎知識をご説明をしたいと思います。

こうしたコミュニケーションの場も仕事を円滑に進めるための重要な場なので、言葉使いやマナーには十分配慮したいものです。

お座敷に上がる時には靴を脱ぐことが多くなるので、靴下はダークカラーの清潔なものを選んでおくことでしっかりした人物であることを伝えられます。靴も本革で出来た上等なものを選ぶことが大切です。

3万円から5万円程のビジネスシューズメーカーの物を選ぶことが、長持ちしてコスパが良いのでおすすめします。革製品といえば財布もその中の一つになります。



30代ならばカジュアルなものはプライベートだけにしておいて、しっかりした財布を選んでおくことが重要です。


スーツやジャケットの内ポケットに入れてもシルエットを崩さない、薄手でありながら張りのある財布を選ぶことがおすすめになります。30代メンズがビジネスで使うなら、赤や青やパステルなどのカラーを選ばず、こげ茶やブラウンカラーや黒い色を選びます。

メンズの場合はシンプルなものを選び、装飾はなるべく控えてある方が落ち着いて見えます。
メンズの財布は自分だけではなく他人の目にも触れるものだと意識を持ち、しっかり手入れすることも忘れないようにするのです。



時々絞った濡れタオルで表面を拭き、その後保革クリームを塗ってから放置し乾拭きすれば綺麗になります。