親と社会が連携しての不登校への対応

  • 子供の不登校、一人で悩まず誰かに相談を・・・

    • 自分の子供が不登校は親なら誰もが悩んでしまう問題です。お友達は元気に学校へ通っている姿を見ると、どんどん他の子達に置いていかれるような、差をつけられるような感覚があります。

      真剣に不登校の相談を利用してみる価値はありますよ。

      またこの先もずっと引きこもってしまう可能性も否めず、つい焦りを感じて叱ったり、強引に学校へ連れて行こうとする人も少なくありません。
      ただ不登校になっている子供は根が真面目なタイプが多く、学校へ行かないといけないのは理解しているけれど、どうしてもいけない理由があるのです。

      そのため親が強引に連れ出しても、さらに自分の殻に閉じこもってしまったり、拒絶反応から頭痛や腹痛など身体的症状が出てくる事もあります。
      子供が不登校というのは親の心にも影を落とす大きな悩みですが、なかなか他人には相談しにくいものです。結局一人で悩みを抱え込み、イライラから子供に八つ当たりしてしまう事もあります。焦る気持ちを抑え、まずは子供の気持ちを考えて「今は学校へ行くための充電期間」と割り切ってしまう方が気持ちも楽です。


      そして誰か本音で話せる人に相談するのがベストです。
      例えば最近は学校にスクールカウンセラーが所属している事も多く、誰でも気軽に相談出来るようになっています。



      他にも不登校を支援しているセンターであったり、電話相談、心療内科などが利用されています。



      人に悩みを聞いてもらう事で親側の気持ちも少し落ち着き、また第三者の意見を聞く事で、子供にどのようなアプローチをしていけば良いのか答えが見つかるかもしれません。

top