離煙パイプで確実に禁煙しよう
2021年6月24日

「離煙パイプ」って皆さんご存知でしょうか

2020年4月に改正健康増進法が全面施行されたことによって、喫茶店や居酒屋をはじめとする飲食店は原則禁煙となりました(各自治体により違いあり)。健康への関心の上昇から、喫煙者は減少傾向にあります。喫煙者は昭和41年当時の成人男性の喫煙率が83.7%だったのに対して、2018年の成人男性の喫煙率は27.8%でした(2018年全国たばこ喫煙者率調査より)。昭和時代と比較すると、喫煙者が大幅に減少し、電車なども喫煙が可能だったエリアが現在では終日禁煙とされており、喫煙質の減少も見られます。

喫煙者がマイノリティとなる社会で、健康向上などの理由により、禁煙を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、一度禁煙を試みたが、結局喫煙者に戻ってしまった方でまた禁煙を考えているという方などなど、禁煙を考えている方々には、「離煙パイプ」はどうでしょうか。「離煙パイプ」とは、いつも吸っているたばこを「離煙パイプ」に装着し、たばこを吸うというもの。「それだけで効果があるのだろうか」と思われるかもしれませんが、「離煙パイプ」は、いつものあなたが吸っているたばこの味を堪能できつつも、一本につき3%のニコチンやタールの摂取量が減少しているため、禁煙に近づいていくのです。

これを31日間続けることにより、禁煙が実現可能となるのです。使い方も簡単で、禁煙成功率も80%を超えており、薬に抵抗のある方に適しています。これを機に、禁煙を考えている方、禁煙中で「離煙パイプ」をまだ利用したことがないという方は、試してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です