離煙パイプで確実に禁煙しよう
2021年6月21日

離煙パイプとはどのようなものなのか

離煙パイプとは、禁煙グッズの一つです。普段吸っているタバコにパイプをセットすることで利用できるのですが、大きな特徴としてパイプ内はニコチン量を減らすような仕組みになっているという点があります。つまり普段通りにタバコを吸っているにもかかわらず、ニコチン量を確実に減らしていくことができるのです。また離煙パイプは31本で1セットという形で販売されており、パイプごとに制限できるニコチン量が異なっています。

もちろん最後のパイプに近付けば近づくほどニコチンの量をより多く制限することができるため、最後まで使うことができればほぼ禁煙できている状態だと言えます。このように離煙パイプは、普段の喫煙生活やスタイルを大きく変えることなく禁煙を続けることができるため、他の禁煙方法よりも成功率が高いところがメリットです。しかも普段使用しているタバコを無理に止めなくてもいいので、禁煙に対するストレスを感じにくくなっているところも大きなポイントとなっています。ちなみに離煙パイプは1か月ベースで使っていくことを想定しており、スムーズに行けば1日1本ずつパイプを使っていくことになります。

ただ人によっては多くのニコチン量が制限されることで違和感や不満を抱える可能性があるため、そのような場合は無理に次のパイプに進むのではなく、慣れるまで同じパイプを使い続けることもできるのです。そうして自分のペースで禁煙生活を続けられるところが、禁煙成功率の高さにつながっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です