離煙パイプで確実に禁煙しよう
2021年6月9日

離煙パイプの概要と特徴

離煙パイプとは、株式会社マジカルが開発・販売している禁煙グッズです。「タバコを吸いながら禁煙できる」ということが、最大の特徴となっています。1から31までの番号が書いてある31本のパイプで構成されており、離煙パイプをタバコの吸口部分に取り付けるだけなので、タバコを我慢する必要がありません。つまり、通常通りに吸えるのです。

離煙パイプには横穴が開けられており、パイプの番号が大きくなるほど横穴が大きく、ニコチンの摂取量を減らすことができます。ニコチンの減少率は番号順に定められており、「1番が3%・5番が15%・10番が30%・15番が45.5%・20番が61%・25番が75.5%・31番が95%」となっています。ニコチン摂取量を段階的に減らしていき、最終的には1本あたり0.005mgまで減少できるので、ニコチン依存からの脱却も無理なく行えます。そして依存度の低い状態から禁煙できるので、離脱症状が軽くなるという効果もあります。

また1本のパイプで吸える本数に制限はなく、丸洗いが可能です。使い捨てではないため、0.2mg以上のタバコでも禁煙ができます。その際は現在吸っているタバコで31番まで使い、その後ニコチン0.1mgのタバコに替えて適切な番号から31番まで順に使用していきます。もちろん、どの銘柄にも対応可能です。

こうした順応性の高さと確実な効果で、日本だけでなく、アメリカ・カナダ・イタリア・イギリス・スペイン・中国・韓国などでも高い人気があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です