離煙パイプで確実に禁煙しよう
2021年6月3日

離煙パイプの使い方と効果

タバコをやめたいという人は多くおりそのためのグッズが広く販売されていますが、その禁煙グッズの一つが離煙パイプです。離煙パイプの仕組みは、31本のパイプを使うもので番号の振られている通りに普段吸っているタバコを取り付けて、吸うというものです。離煙パイプには、ミクロンサイズの穴が開いておりそれによってタバコから発生するニコチンを吸う量を減らすというもので、31本のパイプには順番があって順番通りに1日おきに変えていくことでニコチンに対する依存率を低下させて行きます。実際のニコチンの減少率は最初に利用する1番のパイプでは3%ですが、最終の31番では95%に達するため、この時点から改めて禁煙を行うことによって、ニコチンが不足することによるイライラなどを軽減することができるものです。

離煙パイプは、特殊なフィルターを使っているわけではないため普段のタバコを吸う習慣を止めることなくニコチンの摂取量を減らすことが出来ますし、洗って再利用することができるのが大きな特徴となっています。使い方としては基本的には普段吸っているタバコに取り付けるというもので、吸う本数に制限はありません。強いニコチンのタバコを吸っている場合には、一周目を超えた時点でニコチンの少ない銘柄に変更し、さらにもう一周行うという方法があります。この離煙パイプは特殊なフィルターや薬剤を使っているわけではないため、丸洗いをしてもう一度使うことができるのも特徴です。

離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です