離煙パイプで確実に禁煙しよう
2021年5月9日

離煙パイプで禁煙しよう

離煙パイプとはタバコに取り付けて使う禁煙グッズです。パイプには番号が振られており、1番から順番に使うことで段階的にニコチンの依存から脱却できます。仕組みは、段階が進むごとにだんだんとニコチンの吸収量が減るフィルターです。自分の意思で禁煙をすることが難しいのは、たばこに含まれるニコチンに依存性があることと、「寝起きの1本」「食後の1本」というように習慣的にも依存してしまうからです。

ニコチンが肉体的に、習慣が精神的にタバコをやめることを拒みます。離煙パイプなら、いつも通りにタバコを吸いながら実践できるので、肉体的、精神的な苦痛なしに禁煙を進められます。香料入りのパイプや電子たばこを使って禁煙する方法は、タバコが吸いたくなったときに市販のガムを噛むのと同じ原理です。口寂しくてタバコを吸うという、習慣的な依存を解決するためのものと考えられます。

離縁パイプが徐々にニコチンの依存を解消していくのとは違い、肉体的な依存を解決できません。ガムやパッチを使って、ニコチンを摂取しながら段階的に減らしていくニコチン置換療法は、たばことの併用や過剰摂取でめまいなどの副作用が出る可能性があり、妊婦や持病によっては使用できません。禁煙外来は、医師の精神的ケアも受けられ保険も適用されます。しかし、ニコチン置換療法や非ニコチン製剤を使用するため、健康状態が悪い場合や持病がある方は受診できないことがあります。

それぞれの禁煙法の問題をすべて解決するのが離煙パイプです。パイプのコストだけで、楽に禁煙できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です